ROMANIA~PELICAN NOTE

romania.exblog.jp
ブログトップ
2004年 05月 08日

Gypsy~ジプシー

a0017825_233913.jpg
 ジプシーという言葉は誰でも知っていると思う。ヨーロッパを旅する流浪の民族。実はこのジプシーは「ロマ」とも呼ばれ、もともとルーマニアに住んでいた人々のことを指すらしい。ルーマニア人と言っても、沢山の人種が混在していて地方によってかなり顔つきや体つきまで違っているので面白い。人種のことはまた今度にするとして、今日はジプシーについて少し・・・。

 ジプシーには21のカースト(階級)が存在するそうだ。詳しいことは分からないが、ジプシーでも大富豪から物乞いまでピンきりである。でもルーマニア人にとっては「ジプシー」の存在は余りよい印象がないのが一般的である。

 ジプシーはルーマニア建国前にタタール人やモンゴル人によって奴隷として連れてこられたのだそうだ。その後ルーマニアのジプシーの半数はヒトラーによって虐殺されたそうだ。でも、彼らは負けずに自分達のやり方で子孫を残し逞しく生きている。今では多くのジプシーが定住し始めているが、定住していない幌馬車ジプシーもまだいるし、幌馬車には乗らないが、あちこちの村や町を車で転々とするジプシーもいる。
 
 うちの近所にもジプシーたちの住むエリアがある。自分で馬車に乗り「鉄くず集め」や観光地での「馬車観光」などをして生計を立てたり、政府の日雇いで、公園掃除、花壇の手入れ、ごみ収集、道路工事の力仕事などに携わっている。

 それから若い女の子は民族衣装を着て、観光地で「タロット占い」をしたりするのを良く見かける。父親が悪だったり、働かない場合は「物乞い」や「泥棒」をさせられたり、「体を売る」お仕事をさせられることもあるようだ。市場などで悪そうなオヤジに指示されて、外国人のポケットやかばんに手を入れているジプシーの子ども達を良く見かける。

 小さな子どもも学校には大抵行かない。字は読めないけど、何故かお金の計算はよく出来るらしい(笑)。週に一度ごみ収集の日に、各家の前に出されたゴミ箱を一つ一つ開けて、食べられそうなものを物色したり、使えるものを拝借するのも子ども達の仕事である。うちのゴミ箱から「イチゴのへた」が入ったビニール袋を見つけて、嬉しそうに持ち帰る5歳くらいの女の子の姿を見たときは胸が痛くなった。

 そんなことばかりしているので、ルーマニア人にはかなり差別をされ、蔑まれ、罵倒を浴びせられているのだが、彼らは明るい。あっけらかんとしている。ジプシーの強さなんだろうな~。

 この写真の女の子の笑顔とても素敵だとおもう。写真を撮らせてというと、慌ててスカーフを取り髪を整えてにっこりしてくれた。そして、私が市場で買って持っていた洋梨を見て、「それ、いくつか頂戴よ!」と言うのは忘れなかった。
[PR]

by pelican6 | 2004-05-08 23:40 |


<< 09May されど子どもにやさ...      私10歳、この子10ヶ月! >>