カテゴリ:食( 11 )


2004年 08月 02日

02 Aug 山からのお土産(飲み物編)

a0017825_2381671.jpg

山で見た光景
~~ビニール袋の中身は「瓶ビール」~~
近くの川には観光客がいっぱいいたから、盗られる心配があるのかな?
きっと、冷蔵庫はないんだろうな~。結構寒いところだから、冬は外に出しておけば良いしね。

a0017825_23104527.jpg

ルーマニアのビール。ビール会社が何社かあるが、どれもまあまあらしい。このビールは余り見たことなかったが、黒ビールで結構美味しいそうだ。

・・・・ぺりかんはアルコールに弱いので殆ど飲めないのである。あしからず・・・・
[PR]

by pelican6 | 2004-08-02 23:13 |
2004年 08月 01日

01 Aug 山からのお土産(食べ物編)

a0017825_5413899.jpg

 一枚目の写真は「ワイルドベリー」。ロープウェーの乗り場付近や、山頂などで売り子が籠に入れて回っていたり、こうして小さな椅子などに並べられて売られていた。山から取ってきて売る!この商売は、いろんなバージョンがある。このような、果物だったり、胡桃だったり、季節のお花などもそうだ。春のシンボル「待雪草」なども、よく道路で売られていた。
 まあ、野山に入って取って来るならいいが、時々「これは人の畑で盗って来たのでは?」と不安になるような代物も・・・・。やっぱり買ったら共犯かな?

a0017825_5424778.jpg
 これは「コーラック」というそうだ。筒状に焼いた大きなパンに、カラメルソースを薄く塗り、その上にシナモンやクルミ、ココナツなどをまぶしたもの。香ばしい匂いが漂うので、焼いている出店があると自然と列が出来てしまう。ルーマニア人も大好きなお菓子だ。

 実はこの日、ほっかほかの焼きたてコーラックを買った。近くの川で子ども達が遊んでいたので、川岸でみんなで食べようと思っていた。子どもとぺりかん夫が余りにもダム作りに精を出しているので、少し後で食べようということになり、私はコーラックを預けて(川岸に置いて)近くの村を散策していた。15分後に戻ってみると、大きなワン子が丁度コーラックをくわえて「しめしめ」と退散するところだった!ぐやじい~~~!

ぺりかんの子どもアルバム~~~私の出会った天使たち~~~もどうぞよろしく!
[PR]

by pelican6 | 2004-08-01 05:53 |
2004年 07月 21日

21 July ルーマニアでダイエット?

a0017825_5233425.jpg 今度の日曜にぺりかん夫の両親がルーマニアへやってくる!我が家に1ヶ月ほど滞在することになる。お二人ともかねがねルーマニアに来たいといっていたのだが、優しいぺりかん夫は「こんな大変な国にわざわざ呼ぶのは申し訳ない」と言って、かたくなに断りつづけていた。(どうか皆さん誤解しないで欲しいのだが、私のようなお気軽駐在主婦と違って、夫は常識が通らない世界で働いていて、ルーマニア人に毎日ひどい目にあわされているのでこんな表現になってしまうのだ。)

 滞在中の問題は食事!可愛げのない嫁ぺりかんは、あらかじめ「おもてなしは出来ません」と断言しているのだが、夫の両親はなんとも寛大に「ダイエットしたいくらいだから丁度いいわ!」と仰る。ありがたいお言葉!(おまけに「買い物リスト」などをメールで送りつけて、乾物やら梅干やらを買って来いなどと、あごで使うずうずうしさ。普通だったら即「いびり倒しの術」にあってもよさそうなものなのに・・・・。あ~いつも思うのだが、いい姑で本当に助かった!親孝行しますので、どうかお許しを~!)

 夫は去年日本に一時帰国した1ヶ月で元に戻した体重を、またルーマニアでの10ヶ月の間に5キロ以上落としてしまっている。私が料理上手ではないことも大きな要因ではあるが、上司にいたっても(上司の奥さんはスペイン人にも関わらず、日本食をはじめ料理が得意なのだ!)、ルーマニアに来てベルトの穴を二つずらしてズボンがぶかぶかになってしまったそうだ。

 体重増加に悩む皆さん、どうぞルーマニアへお越しください。1ヶ月ですっきりスマートになれる・・・・かもしれません。

ぺりかんの子供アルバム「私の出会った天使たち」にも遊びに来てね
[PR]

by pelican6 | 2004-07-21 05:26 |
2004年 07月 19日

19 July スウィートコーンが食べたい!

a0017825_55138.jpg
 日曜日は朝からテニスをして、公園で子供達を満足させた後、「家に帰って寝ようよ」という夫に頼み込んで田舎の方を少しドライブした。広大なひまわり畑の写真を撮りたかったのだ。でも、見つけたひまわり畑はもう終わりに近づいているのか?夕方だから元気がないのか、もうすっかり皆さんうつむいていた。時間帯も良くなかったので、期待したようなものは撮れなかった。

 この時期ひまわり畑とトウモロコシ畑はたくさんある。ひまわり畑の隣のトウモロコシ畑でこの写真を撮った。「あ~、スウィートコーンが食べたい~!!」

 ルーマニアにはスウィートコーンがない。市場でもたくさん食用のとうもろこしが並ぶし、公園やビーチなどでも茹でたり焼いたりしたコーンの出店がたくさん出ていて、ルーマニア人は美味しそうに食べているのだが、めっちゃめちゃまずい!毒舌のぺりかん夫曰く「こんなにまずいとうもろこしは、○○とルーマニア人しか食わない!」のだそうだ。(○○は不適切な表現だったため、マスクをかけました。気分を害された方ごめんなさい。)

 市場でどんなに選んでも、粒は硬いし色も白っぽい。ルーマニア人はどうやら「ジューシーなスウィートコーンの味」を知らないらしい。去年の秋に一時帰国した際に、先日紹介したマリアちゃんも一緒に日本に行った。その時とうもろこしを食べて、どうやって味付けするのか聞いていた。茹でただけだといってもなかなか信じてもらえず、実際に一緒に茹でてその場で食べてもらったら、目をまん丸にして驚いていた。種を持って帰ってルーマニアで植えたいと言っていた。

 内緒の話だが、マリアちゃんは日本に滞在中の1ヶ月で、美味しいものに沢山めぐり合って体重が5キロも増えてしまったのだった。
[PR]

by pelican6 | 2004-07-19 05:53 |
2004年 07月 10日

10 July サルマーレを召し上がれ!

a0017825_15318.jpg ブログを通して知り合った紫ワインさんがコンスタンサにやってきた。夫は平日は忙しいので、私のお友達を誘って「紫ワインさんを囲む会(?)」なるものを企画した。予想通り紫ワインさんは誠実そうな人で、25歳にしてはしっかりしていて、面白いお兄ちゃんだった。

 集まったのは協力隊の女性Kさん、私が日本語を教えてあげているルーマニア人のマリアちゃん(もうすぐ15歳)、そして、ぺりかんの子供達と紫ワインさん。

 にぎわっているママイヤビーチを少し散歩してトップレスを堪能?した後、ルーマニア料理のレストランに入った。ルーマニア料理はとても素朴で、素材の味を楽しむ料理だと思う。(日本のように、料理法や食材があまり豊富ではない)ソースなど手の込んだものはかかっていない場合が多く、肉は塩コショウして焼いただけ、付け合せの野菜も、茹でただけ、オーブンに入れただけ、という料理が殆どなのだ。

 この写真はそんなルーマニア料理の中でも珍しく「手の込んだ料理:サルマーレ」。いわゆる「ロールキャベツ」のようなもの。中身はひき肉をパプリカなどで味付けしている。このレストランではキャベツで巻いていたが、一般的には葡萄の葉っぱで巻く。葡萄の葉っぱは、薄くて繊維が細かく硬いので、キャベツで巻いた時とはかなり食感が異なる。ルーマニアの家には大抵どこの家にも葡萄の木があるので一番身近な素材を使っているのだと思う。

 ちなみにこのマリアちゃん、秋から高校生。小さい頃から空手と合気道をしているので「日本の心」が分かるのか?ルーマニア人の10代にしてはとても素直で、よく気が利いている。日本に留学して、日本人の武道家と結婚できたらいいのにな~などとひそかに思うぺりかんなのである。
[PR]

by pelican6 | 2004-07-10 15:04 |
2004年 07月 10日

ルーマニア料理(その4)

a0017825_144226.jpg
「チョルバ」・・・ルーマニア料理を代表する酸味のあるスープ。

この写真は「お豆のチョルバ」。ルーマニアでは「スープ」と「チョルバ」は一応別物で、チョルバは独特な「発酵させた汁」を入れて、酸味のある味付けのものをさすようだ。大抵、にんにくソースや、サワークリームを好きなだけ入れて、青い唐辛子をかじりながら食べる。

他にも「チョルバ デ ブルタ(ブタの内臓のチョルバ)」などいくつか種類がある。
[PR]

by pelican6 | 2004-07-10 14:43 |
2004年 07月 10日

ルーマニア料理(その3)

a0017825_143253.jpg
「鶏モモ肉のソテー」・・・味付けは塩コショウのシンプルなもの。

付け合せは「マッシュルームのグリル」と「ルーマニア風ピラフ」。ルーマニア人も案外お米を食べるのだ。でもお粥のような柔らかいご飯で、スープで味付けしてあったりする。今回はマーガリンたっぷりのお粥ご飯だった。
[PR]

by pelican6 | 2004-07-10 14:34 |
2004年 07月 10日

ルーマニア料理(その2)

a0017825_14272.jpg
「砂肝のソテー」・・・日本のぷりぷりっ、とした食感とは異なり、ふわふわ柔らかい舌触り。紫ワインさん曰く「フォアグラ風ですね~」とのこと。(ちなみにぺりかんはフォアグラなどという高級なものを口にしたことがないので、比較できないのである。)

付け合せは、茹でたジャガイモとマッシュルームのグリル。
[PR]

by pelican6 | 2004-07-10 14:28 |
2004年 05月 17日

17May 週に2回のクッキング?

a0017825_161027.jpg
 どうやらルーマニア人は余り火を使う料理をしないらしい。道理でルーマニア料理といってもヴァリエーションがないし、食事時になるとどこからともなく匂って来る各家庭の料理の匂いに出会うことが少ない。

 こちらへ来て、家を探して回った時、余りにキッチンがお粗末なところが多いのに驚いた。小さなキッチンにはオーブンつきのガスレンジと日本のサイズの半分くらいしかないシンクがぽつん、おまけにこのシンク、アルミの部分だけ剥き出しだ。日本だったら下に調味料や調理器具をしまう棚があるはずだが・・・。しかも調理台すらないところが多かった。こういうところでも食に対する思いがあまりないのがわかる。最近は少しずつヨーロッパ風のシステムキッチンなども雑誌などで見かけるし、お金持ちになれば手に入るようだが、週に2~3度使われたら良いほうだろう。

 日本の奥さんは一日に最低でも1回、普通は2~3度は料理すると思う。料理好きな人やおやつも手づくりする人はもっとだろう。私は料理は苦手なほうだが、毎日3回料理をする。こちらへ来た時に、近所の人からもメイドさんからも「今日も料理するの?」と毎日のように言われた。「今日も???、あなたは毎日、3食料理しないの?」と聞くと、「私は大抵日曜日に2種類のスープを作って、それを交互に一週間食べるのよ。まあ良くて週に2回料理するかしら・・・」とのこと。「ひゃ~、そんな世界があるのか?」と驚きだった。

 ヨーロッパでも「朝から秋刀魚を焼いたりする」と顰蹙を買うらしい。朝はコールドミールなのだそうだ。温かいものはコーヒーくらいだろうか?でも、昼・夕食は作るだろう・・。ルーマニア人は何を食べているのか?と聞いてみると、朝はパンにチーズとトマトかキュウリを載せたもの。昼も同じか、外で「プラチンタ」と呼ばれるパイや、「コブリッチ」という乾パンを買って来て食べ、夜は週末に作っておいたスープとサラダ、そしてパンかピラフなど・・・。こんな感じみたいだ。それから、夏から秋に沢山野菜を買い込んで一年分作るピクルスなどを食べる。


 良くそれであんなに大きく育つよな~。と思うのだが、チーズやヨーグルトなどの乳製品をよく食べるからだろうか??水にもかなりカルシウムが含まれているみたいだし・・。写真は市場の乳製品屋さん。上にある豆腐のように見えるものは羊のチーズ。ペットボトルに入っているのはヨーグルト。牛乳や山羊乳も未加工のものがペットボトル入りで売られている。家から「マイペットボトル」持参で買いに来る人も多い。地に足のついた生活だな~としみじみ思う。
[PR]

by pelican6 | 2004-05-17 16:11 |
2004年 05月 17日

量り売り

a0017825_151556.jpg
 先日訪問したyukunさんのサイトでカナダのスーパーマーケットにある超綺麗な量り売りの写真を見た。ルーマニアではこんな感じ・・・。日本じゃあ湿気ちゃうけど、ルーマニアは非常に乾燥しているのでこんなことが出来るんだろうな~。
[PR]

by pelican6 | 2004-05-17 15:17 |